あきおみの玩具ブログ

ハンドスピナーや海外トイ、おもちゃ中心のブログです。

LEGO minifigures LOONEY TUNES 買ってみた。

近所の家電量販店でたまたま見つけたので購入しました。

レゴのミニフィグシリーズは結構人気で、うかうかしていると売り切れてしまうので見つけたときに買うのが吉です。

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210504185641j:plain

f:id:Akiomi:20210504185711j:plain

f:id:Akiomi:20210504185735j:plain

 

とりあえず5個購入したのでそれぞれ開けていきます。

 

一個目

バラバラに入っているので散らかっていかないように注意しながら開けます。

 

f:id:Akiomi:20210504185755j:plain

 

ポーキー・ピッグ

 

f:id:Akiomi:20210504185814j:plain

 

脚は短めです。

 

f:id:Akiomi:20210504185838j:plain

 

ラインナップが入っています。

 

f:id:Akiomi:20210504185912j:plain

 

裏面は組み立て方説明

 

f:id:Akiomi:20210504185935j:plain

 

2個目

トゥイーティー

脚は非可動のものです。

 

f:id:Akiomi:20210504190022j:plain

f:id:Akiomi:20210504190039j:plain

 

ハンマーのようなものはくるくる回ります。

 

 

 

3個目

このキャラクター、調べてもわからなかったのですがなんというのでしょうか。

名前を知っている方がいれば是非教えてください。

ブタの女の子っぽいキャラですね。ティーセットを持っています。

 

f:id:Akiomi:20210504190138j:plain

f:id:Akiomi:20210504190203j:plain

 

4個目

マービン・ザ・マーシャン

これはさらに小袋の中にパーツが入っていました。

腰に装着する布パーツが袋の奥の方に残りやすいので間違って捨ててしまわないように注意が必要です。

 

f:id:Akiomi:20210504190226j:plain

f:id:Akiomi:20210504190258j:plain

f:id:Akiomi:20210504190319j:plain

 

5個目

ダフィー・ダック

脚は一般的なミニフィグの長さです。

 

f:id:Akiomi:20210504190336j:plain

 

お尻のパーツが可愛いです。

 

f:id:Akiomi:20210504190355j:plain

f:id:Akiomi:20210504190411j:plain

 

 

 

f:id:Akiomi:20210504190442j:plain

 

5個購入してダブりなしなのは良かったのですが、バッグスバニーとかシルベスター、タズマニアンデビルあたりを狙っていたので、完全に狙いは外してしまいました。

キャラクターの身長差を脚パーツの細かな使い分けで再現しているのが面白いですね。

 

東京ディズニーシー限定 ダッフィー&フレンズ ケーブルマスコット

ディズニーシーのお土産でフィギュアを購入したので開封していきます。

ダッフィー&フレンズが好きなので購入してみました。

全6種でBOX購入すると全種揃うようになっています。

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210429123733j:plain

f:id:Akiomi:20210429123756j:plain

f:id:Akiomi:20210429123823j:plain

f:id:Akiomi:20210429123844j:plain

 

綺麗に開けられませんでした。

中に6個ボックスが入っています。

 

f:id:Akiomi:20210429123903j:plain

f:id:Akiomi:20210429123921j:plain

 

中箱

単品買いするときはこのパッケージになります。

中に何が入っているかは分からないブラインド仕様になっています。

 

f:id:Akiomi:20210429123938j:plain

f:id:Akiomi:20210429123956j:plain

f:id:Akiomi:20210429124015j:plain

f:id:Akiomi:20210429124035j:plain

 

右手前一個目はステラ・ルーでした。

 

f:id:Akiomi:20210429124053j:plain

 

耳の分、高さがあるので大きいです。

高さ5㎝くらいあります。

 

f:id:Akiomi:20210429124113j:plain

f:id:Akiomi:20210429124129j:plain

 

底面の尻尾やシューズの紐までしっかり塗装されています。

 

f:id:Akiomi:20210429124207j:plain

 

右側真ん中はジェラトーニでした。

ステラ・ルー以外は全体的に高さ4㎝くらいにまとまっています。

 

f:id:Akiomi:20210429124230j:plain

f:id:Akiomi:20210429124248j:plain

f:id:Akiomi:20210429124306j:plain

 

手の肉球もしっかり塗られています。

 

f:id:Akiomi:20210429124322j:plain

 

右側後ろはクッキー・アンです。

 

f:id:Akiomi:20210429124340j:plain

f:id:Akiomi:20210429124408j:plain

f:id:Akiomi:20210429124426j:plain

 

見えにくい肉球も塗られています。

 

f:id:Akiomi:20210429124443j:plain

 

左側手前はオル・メルです。

 

f:id:Akiomi:20210429124532j:plain

 

頭や腕のうっすらとした模様もきちんと再現されています。

 

f:id:Akiomi:20210429124602j:plain

 

甲羅

 

f:id:Akiomi:20210429124624j:plain

f:id:Akiomi:20210429124639j:plain

 

左真ん中はシェリーメイ

にっこり顔で目を閉じています。

 

f:id:Akiomi:20210429124657j:plain

f:id:Akiomi:20210429124711j:plain

 

お尻のミッキー模様

 

f:id:Akiomi:20210429124734j:plain

f:id:Akiomi:20210429124752j:plain

 

最後はダッフィーでした。

 

f:id:Akiomi:20210429124810j:plain

f:id:Akiomi:20210429124826j:plain

f:id:Akiomi:20210429124842j:plain

f:id:Akiomi:20210429124855j:plain

 

ボックス内の配列はこんな感じでした。

ボックスによって配列が異なる場合もありますし、バラ売りで買う場合はシャッフルされている場合もあるのでアテにはできないですね。

 

f:id:Akiomi:20210429124916j:plain

 

ケーブルフィギュアということでケーブルを挟んでみました。

ケーブルの太さは4㎜です。

オル・メルは腕と足の隙間が小さかったので、ケーブルがはまりませんでした。無理やりやればできるのかもしれませんが。。。細めのケーブルの方が良いですね。

保持力もそれなりにあるのでしっかりはまっていれば簡単に取れてしまうということもないと思います。

 

f:id:Akiomi:20210429124932j:plain

 

ダッフィーとシェリーメイの顔部分は毛並みが再現されており、他の顔の毛足が短い子たちとは差別化されています。

ちょっとシワにも見えて老け顔っぽくも見えますね(?)

 

f:id:Akiomi:20210429125021j:plain

 

さんど模型 ドラネッツ海竜型 組み立ててみた

今回はガレージキットを組み立てていきたいと思います。

こちらはドラネッツシリーズの中の海竜型モデルでカラーレジンで成形されているので、塗装しなくても色分けされたキットを楽しむことが出来ます。

こちらは受注生産で注文したものなので、数あるバリエーションの中から自由に2色選べました。

Twitterなどで受注のお知らせやイベント参加などの情報が発信されているので気になった方はさんど模型のスナガワさんをフォローしてみるといいと思います。

 

sand-model.easy-myshop.jp

 

届いた状態。

カラーはAパーツを青10、Bパーツは緑2、目の色はイエローにしました。シミュレーターがあるので色の組み合わせをじっくり考えることが出来ます。

 

sandy-river.jp

 

f:id:Akiomi:20210425220025j:plain

 

中身

レジンパーツはランナーが付いている状態なので切り離します。

カラーレジンなので塗装などをする予定が無ければ、洗浄なしでも問題ないと思います。

 

f:id:Akiomi:20210425220044j:plain

 

説明書は3枚。表と裏に図解でわかりやすく書かれています。

ここですべてのパーツが揃っているか確認しましょう。

 

f:id:Akiomi:20210425220107j:plain

 

組み立てには工具が必要なので揃える必要があります。

ピンバイス1.5mm、2mm、3mmの三種類

デザインナイフ(ゲート処理に使います)

ニッパー

マイナスドライバー

瞬間接着剤

私はこの他にパーツを掴んでおくためにプライヤーを使いました。

 

f:id:Akiomi:20210425220122j:plain

 

ドリル用のビットですが気にせず使います。

 

f:id:Akiomi:20210425220142j:plain

 

基本的に説明書通りに作っていけば簡単に作れるのですが、以前ドラネッツのたつ型を作ったときに誤ってドリルを貫通させてしまう悲劇を発生させてしまったので、今回は指示された深さの穴をあけられるようにマスキングテープで目印を付けました。

 

f:id:Akiomi:20210425220206j:plain

 

パーツの組み合わせはプラ棒で接着したり、ネジで固定したりします。

頭部のプラ棒接着は穴の深さとプラ棒の長さの指定が結構シビアなので、組み立ててみてパーツが浮くようなら思い切ってプラ棒を短く切ってしまっても問題ありませんでした。

 

f:id:Akiomi:20210425220223j:plain

 

胴体まで組みあがりました。

ここまでは比較的簡単に組みあがりました。

この時点で、首付け根の左右軸可動かつ前後可動、首の前後可動、ねじ止めによる腹部の前後可動、尻尾の前後可動があります。

 

f:id:Akiomi:20210425220241j:plain

 

次にヒレを組み立てていきます、前後で大きさが違います。

パーツの形状が似ているため組間違いに注意が必要です。二回くらい組間違えました。

ねじ止めの所を間違えてしまったのですが、一度嵌めたネジを再び外すのは結構大変でギリギリ音がしてかなり硬かったですが問題なく外せました。その後も特にネジが緩くなることも無かったので、組間違いも一回くらいなら全然リカバーできます。

 

f:id:Akiomi:20210425220301j:plain

 

ヒレパーツは小さくてねじ止めが多いのでプライヤーなどで挟んでねじ止めしました。

ネジを締めには結構力が必要で、小さいネジなので手が滑るとマイナスドライバーでケガをします。(しました)

 

写真がボケてる。

f:id:Akiomi:20210425220317j:plain

 

何回かミスをしましたが問題なく完成

 

f:id:Akiomi:20210425220332j:plain

 

口が開閉します

 

f:id:Akiomi:20210425220349j:plain

 

ネジをしっかり締め上げれば、後ろののヒレと尻尾だけでも立てます。

 

f:id:Akiomi:20210425220406j:plain

 

仰向け

 

f:id:Akiomi:20210425220422j:plain

 

たつ型との面会

 

f:id:Akiomi:20210425220455j:plain

 

正面から見るとこんな感じ。

 

f:id:Akiomi:20210425220511j:plain

 

 

 

f:id:Akiomi:20210425220529j:plain

以上、ドラネッツ海竜型の組み立てレビューでした。

可動ガレージキットで一見難しそうに思えますが、初心者の方でも落ち着いて手順通り組み立てていけば問題なく組める難易度かと思います。

作業時間も2時間くらいだったと思います。

そこまで激しいバリなどもなくゲート処理も簡単でした。パーツのヒケやゆがみもほとんどありませんので、説明書に書かれている以外のことはしていません。

完成形もかなり可愛いので色違いとかも集めたくなってしまいますね。

52TOYS BEASTBOX BB-16 KANIBAL レビュー

今回はカニ型のBEASTBOXのKANIBALをレビューしていきたいと思います。

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210425142441j:plain

f:id:Akiomi:20210425142501j:plain

f:id:Akiomi:20210425142625j:plain

f:id:Akiomi:20210425142653j:plain

f:id:Akiomi:20210425142717j:plain

f:id:Akiomi:20210425142741j:plain

 

内側の台紙にプリントされているこのマークはBEASTBOXの属性マークでしょうか。

前回紹介したDARKWAVEとは違うマークがKANIBALに付いています。

 

f:id:Akiomi:20210425142805j:plain

f:id:Akiomi:20210425142823j:plain

f:id:Akiomi:20210425142849j:plain

 

内容物

おなじみのカタログと説明書、キャラクターカードとプラ板です。

 

f:id:Akiomi:20210425142911j:plain

 

キャラクターカード

毎回思うんですが、コミカルな見た目に対して結構物騒な世界観ですよね。

 

f:id:Akiomi:20210425142941j:plain

 

 
 

f:id:Akiomi:20210425143007j:plain

 

爪部分にはクリアブルーの武器が取り付けられます。

この武器は差し替えですが、BOXモードでもキッチリ収めることが出来ます。

 

f:id:Akiomi:20210425143027j:plain

f:id:Akiomi:20210425143102j:plain

 

かに道楽

 

f:id:Akiomi:20210425143144j:plain

 

甲羅部分にはいくつか可動部があります。

 

f:id:Akiomi:20210425143239j:plain

f:id:Akiomi:20210425143304j:plain

 

腹側もクリアパーツの部分が開きます。

 

f:id:Akiomi:20210425143328j:plain

f:id:Akiomi:20210425143347j:plain

 

BOXモード

武器は差し替え反転してBOXに収まりました。

 

f:id:Akiomi:20210425143406j:plain

f:id:Akiomi:20210425143429j:plain

f:id:Akiomi:20210425143449j:plain

f:id:Akiomi:20210425143508j:plain

 

付属のケースに収納

 

f:id:Akiomi:20210425143528j:plain

f:id:Akiomi:20210425143551j:plain

 

目にも可動がありました。

可愛いですが鋭い目つきです。

 

f:id:Akiomi:20210425143608j:plain

 

 

f:id:Akiomi:20210425143631j:plain

 

威嚇

 

f:id:Akiomi:20210425143704j:plain

 

もう一種類の赤いカニ型BEASTBOXのIRONCRAWと合体させることが出来ます。

合体モード

ガトリングが前面に出てます。

 

f:id:Akiomi:20210425143726j:plain

f:id:Akiomi:20210425143805j:plain

 

 

 

52TOYS BEASTBOX BB-23 DARKWAVE レビュー

今回はBEASTBOXを開封します。

海竜型のDARKWAVEです。

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210415185258j:plain

f:id:Akiomi:20210415185315j:plain

f:id:Akiomi:20210415185358j:plain

f:id:Akiomi:20210415185415j:plain

 

内容物

本体と付属品のクリアパーツのイカ、収納ボックス、説明書とカタログ、キャラクターカードです。

 

f:id:Akiomi:20210415185432j:plain

 

透明のプラスチック板は半分に折り曲げてボックス内に入れて使用します。

プラ板のテンションでキューブ形態にしたBEASTBOXが飛び出します。

 

f:id:Akiomi:20210415185450j:plain

 

付属のキャラクターカード

 

f:id:Akiomi:20210415185508j:plain

 

裏面の文章を機械翻訳にかけるとこんな感じです。字が小さくて読みにくいです。

 

明白な視界の下に隠れることは、Daekwaveの生き方です。 彼は何も言わず、公共の場も何もせず、自分の芝生の中を歩き回るだけです。 しかし、沈黙しているということは、彼が意見や立場を持っていないという意味ではありません。 彼は、すべての不確実性が消える前に、慎重に地面を踏んでいます。

 

f:id:Akiomi:20210415185558j:plain

 

DARKWAVE

 

f:id:Akiomi:20210415185616j:plain

 

裏面の突起を押し込むことによって背中の武装を展開することが出来ます。

最後まで押し込むとロックがかかるので、戻す際にはつまみを押し込んでロックを解除する必要があります。

 

f:id:Akiomi:20210415185634j:plain

 

 

 

格納状態

 

f:id:Akiomi:20210415185652j:plain

 

展開

 

f:id:Akiomi:20210415185717j:plain

 

付属している謎のイカは前ヒレや首の穴に装着可能です。

 

f:id:Akiomi:20210415185738j:plain

 

目はクリアパーツです。

 

f:id:Akiomi:20210415185800j:plain

 

胴体および首にはプリントが施されています。

 

f:id:Akiomi:20210415185830j:plain

f:id:Akiomi:20210415185854j:plain

 

キューブ形態

イカは収納できないみたいですが、後述する方法で無理やりですが収納キューブに全て一纏めにできます。

 

f:id:Akiomi:20210415185922j:plain

f:id:Akiomi:20210415185945j:plain

 

イカは余剰

 

f:id:Akiomi:20210415190006j:plain

f:id:Akiomi:20210415190023j:plain

 

お座り

 

f:id:Akiomi:20210415190043j:plain

f:id:Akiomi:20210415190105j:plain

f:id:Akiomi:20210415190131j:plain

 

捕食

 

f:id:Akiomi:20210415190211j:plain

 

首にもつけられます。

 

f:id:Akiomi:20210415190226j:plain

 

イカを収納する方法ですが、

キューブ状態にして、ヒレの部分を少し開くことで中に若干のスペースがあるのでそこにイカパーツを入れることでキューブに全パーツをしまうことが出来ます。

 

f:id:Akiomi:20210415190245j:plain

f:id:Akiomi:20210415190305j:plain

 

 

FORTNITE LEGENDARY SERIES BRAWLERS MEOWSCLES ニャッスル 7インチフィギュア レビュー

フォートナイトのニャッスルのフィギュアが米Amazonに売っていたので紹介します。

 

フォートナイトについては詳しくはないのですが、筋肉質な体のわりに顔がアニメチックなネコというデザインがツボにハマったので購入してみました。

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210328192148j:plain

 

体と顔のギャップがシュールです。

上腕二頭筋を強調したポーズを決めた状態でパッケージされています。

 

f:id:Akiomi:20210328192215j:plain

 

裏面。

 

f:id:Akiomi:20210328192246j:plain

f:id:Akiomi:20210328192301j:plain

 

他のラインナップがCGで載っています。

 

f:id:Akiomi:20210328192320j:plain

 

取り出したところ

パッケージ台紙にネコの足跡の模様が付いていました。

 

f:id:Akiomi:20210328192338j:plain

 

ニャッスル

7インチなので国内でメジャーな1/12フィギュアと比べるとやや大きめになります。

 

f:id:Akiomi:20210328192358j:plain

f:id:Akiomi:20210328192438j:plain

 

付属品

ハンドガン2丁、ボウガン、マチェット2振ですかね。加えて表情パーツも付いています。

 

f:id:Akiomi:20210328192456j:plain

 

目を閉じた顔に差し替えることが出来ます。

 

f:id:Akiomi:20210328192517j:plain

 

裏面はジョイントが付いています。

 

f:id:Akiomi:20210328192535j:plain

 

プリントによってタトゥーが再現されています。

 

f:id:Akiomi:20210328192553j:plain

 

表情差し替え

 

f:id:Akiomi:20210328192610j:plain

 

腰の左右にあるホルスターにはマークが付いています。

付属のハンドガンを収納することが出来ます。収納した感じ、結構ガッチリはまるので簡単に抜けることは無いですが、銃を取り出したいときになかなか抜けないので少し出しにくいです。

 

f:id:Akiomi:20210328193113j:plain

 

二丁拳銃

 

f:id:Akiomi:20210328192627j:plain

f:id:Akiomi:20210328192646j:plain

 

マチェットを装備させてみました。

 

f:id:Akiomi:20210328192702j:plain

f:id:Akiomi:20210328192726j:plain

 

膝関節は二重になっているので深く曲げることが出来ます。

つま先にも可動が入っています。

 

f:id:Akiomi:20210328192749j:plain

 

正座とまではいきませんが膝をつくポーズができました。

 

f:id:Akiomi:20210328192804j:plain

f:id:Akiomi:20210328192833j:plain

 

尻尾も軸回転と上下に多少動く関節が入っているのである程度表情をつけることが出来ます。

 

f:id:Akiomi:20210328192849j:plain

f:id:Akiomi:20210328192905j:plain

 

ボウガンは発射ギミック付きでトリガー部分を押すと矢が発射されます。

 

f:id:Akiomi:20210328192925j:plain

 

もちろん手持ちも可能。

 

f:id:Akiomi:20210328192941j:plain

 

ハンドパーツは銃を持たせるために人差し指が上がった造形をしています。

指の付け根から手を開くことが出来るようになっているため、深く閉じれば握り拳っぽくもできますし、開き手っぽくもできます。

 

f:id:Akiomi:20210328192957j:plain

f:id:Akiomi:20210328193014j:plain

 

サスペンダーは軟質素材でできているため上半身の可動にはほとんど影響しません。

 

f:id:Akiomi:20210328193030j:plain

 

同じくフォートナイトのマクファーレンから出ているフィギュアのDIREと比較

サイズ感はだいたい同じくらいですね。

 

f:id:Akiomi:20210328193050j:plain

 

以上、フォートナイト 7インチフィギュア ニャッスルのレビューでした。

フォートナイトには良い感じの獣人とか人外が結構いるのでゲーム自体はやっていないのですが、フィギュアとかのグッズが出るとつい欲しくなってしまいます。

 

TREASURE X NINJA GOLD 2個パックレビュー

以前紹介したドラゴンに引き続き、TREASURE X NINJA GOLDの2個パックが届いたので開けていきたいと思います。

 

akiomi.hateblo.jp

 

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210322083542j:plain

f:id:Akiomi:20210322083601j:plain

f:id:Akiomi:20210322083628j:plain

f:id:Akiomi:20210322083645j:plain

 

手順は10段階

 

f:id:Akiomi:20210322083705j:plain

 

ドラゴンの物よりも一回り小さいです。

 

f:id:Akiomi:20210322083731j:plain

 

パッケージ底面

ゼリー状の物体なので凍結禁止のマークがあります。

 

f:id:Akiomi:20210322083755j:plain

 

刀を抜くギミックはドラゴンの時とと同じでストッパーを外すことによって柄が外れます。

 

f:id:Akiomi:20210322083812j:plain

 

刀であらかた中身の判別が付きます。これはCYCLONE SWORDです。

 

f:id:Akiomi:20210322083831j:plain

 

刀を組み立てて、このパッケージを突き破ります。

 

f:id:Akiomi:20210322083850j:plain

 

マップはこんな感じ。

ドラゴンについてきたやつとほとんど一緒ですが、川のところに忍者がいる部分が異なります。

 

f:id:Akiomi:20210322083912j:plain

f:id:Akiomi:20210322083936j:plain

 

裏面はラインナップ。

各属性にも2~3種類あってドラゴンと比較すると種類が多いです。

 

f:id:Akiomi:20210322083954j:plain

 

刀を組み立ました。

刀を飾っておくためのパーツが付属していました。

 

f:id:Akiomi:20210322084012j:plain

f:id:Akiomi:20210322084034j:plain

 

容器側面にも模様が付いていて凝っています。

 

f:id:Akiomi:20210322084051j:plain

 

 

 

 

このようにディスプレイすることが出来ます。

 

f:id:Akiomi:20210322084117j:plain

 

WIND NINJASのBREEZAです。

乳白色に見えるボディはクリアパーツで乾いてしばらくすると透明度が増してきます。

 

f:id:Akiomi:20210322084136j:plain

f:id:Akiomi:20210322084159j:plain

 

トレジャーが入っている板です。

説明書にはチョップで割れとありますが、全然割れないので手で折って開封します。

 

f:id:Akiomi:20210322084215j:plain

 

WINDS OF GOLD

 

f:id:Akiomi:20210322084229j:plain

 

二個目も開けていきます。

刀はEDGE OF EARTHでした。

 

f:id:Akiomi:20210322084246j:plain

 

ゼリー状物質は緑。

 

f:id:Akiomi:20210322084304j:plain

 

LAVA MASTERSのBORAKIが出ました。

 

f:id:Akiomi:20210322084326j:plain

 

手のひらが上向きになっているフィギュアにはトレジャーを乗せることが出来ます。

トレジャーは一度刀に装着してしまうと中々外れなくなってしまうので注意が必要です。

 

f:id:Akiomi:20210322084349j:plain

 

頭にレバーが付いていて、ここを動かすことによって口が開閉するギミックが付いていました。

 

 

尻尾があります。

 

f:id:Akiomi:20210327154936j:plain

 

 

空き容器はゼリー状の物質を取り出したら、早めに水洗いすることをお勧めします。

前回のドラゴンの時も記述しましたが、白く跡が残ります。

 

f:id:Akiomi:20210322084406j:plain