あきおみの玩具ブログ

ハンドスピナーや海外トイ、おもちゃ中心のブログです。

1000toys 1/6 東亜重工 スネークアイズ レビュー

今回は1/6フィギュアで遊んでいきたいと思います。

GI JOEのスネークアイズを東亜重工が再生処理した設定だそうです。

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210227151846j:plain

f:id:Akiomi:20210227151904j:plain

f:id:Akiomi:20210227151927j:plain

 

箱を開けると嵐影の文字が入った紙が一枚入っていました。

 

f:id:Akiomi:20210227152029j:plain

 

ブリスター裏にハンドパーツ一式が付いています。

 

f:id:Akiomi:20210227152101j:plain

 

箱から取り出したところ。

付属品もほとんどが最初から装着されていたので組み立てる必要もほとんどありませんでした。

 

f:id:Akiomi:20210227152120j:plain

 

顔アップ

目頭?鼻のあたりのパーツが特徴的です。

ボディ全体に所々ダメージ加工されています。

 

f:id:Akiomi:20210227152142j:plain

 

背中側

 

f:id:Akiomi:20210227152202j:plain

 

踵が高いハイヒールみたいな形になっています。

ヒール部分とつま先は別々に可動するので接地性はかなり良いです。

 

f:id:Akiomi:20210227152223j:plain

 

ハンドパーツ

開き手、持ち手(銃など持つ用)、持ち手(刀など持つ用)が左右1セットずつ付属していました。これとは別に最初から握り手が装着されています。

 

f:id:Akiomi:20210227152251j:plain

 

両腕には可動式の鉤爪が付いています。

 

f:id:Akiomi:20210227152318j:plain

 

このパーツは簡単に取り外すことが出来ます。外すとかなり腕が細くなるので付けていた方が見栄えはしますね。あと一回外れるとかなりポロリしやすくなるので注意が必要です。

 

f:id:Akiomi:20210227152343j:plain

 

黒い刀身がカッコいいです。

 

f:id:Akiomi:20210227152405j:plain

 

サブマシンガン

 

f:id:Akiomi:20210227152429j:plain

 

ナイフ

 

f:id:Akiomi:20210227152448j:plain

 

榴弾が二個付属

これらは全て装備する事が出来ます。

 

f:id:Akiomi:20210227152507j:plain

f:id:Akiomi:20210227152529j:plain

f:id:Akiomi:20210227152552j:plain

 

可動範囲

元が合成人間なのでかなり広いです。

ただし、胸部のアーマーパーツに可動が一切入っていないので、胴体は可動無しと考えた方がいいです。

 

f:id:Akiomi:20210227152610j:plain

f:id:Akiomi:20210227152637j:plain

f:id:Akiomi:20210227152654j:plain

f:id:Akiomi:20210227152717j:plain

f:id:Akiomi:20210227152917j:plain

f:id:Akiomi:20210227152942j:plain

 

腕など各所にプリントが施されています。

 

f:id:Akiomi:20210227153000j:plain

 

蛇目

 

f:id:Akiomi:20210227153124j:plain

 

f:id:Akiomi:20210227153021j:plain

 

f:id:Akiomi:20210227153104j:plain

 

数年前に購入したスネークアイズと比較

かなり細身で一回り小さいサイズになっています。

 

f:id:Akiomi:20210227153145j:plain

 

樹脂の部分が大部分を占めていますが、足回りなどは布が使われています。

腿と膝と脛部分では布の材質が違うものが使用されており、かなりこだわりを感じました。

 

f:id:Akiomi:20210227153213j:plain

f:id:Akiomi:20210227153236j:plain

 

ちなみにこのスネークアイズ、特に説明書などもついていないのですが、マスクオフギミックが付いています。

マスクオフした顔がちょっと怖いので見たい方はスクロールしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスクオフ顔

瞼のない造形で歯もむき出しになっています。

眼球の白目の部分には血管が描かれています。

 

f:id:Akiomi:20210227152740j:plain

 

顎も開閉します。

 

f:id:Akiomi:20210227152810j:plain

 

マスクを外すには後頭部パーツを外したり、なんやかんや結構面倒な手順を踏まないとなかなか外れなかったので遊んでてマスクがポロリして急に怖い顔が出てくるということはなさそうです。

 

f:id:Akiomi:20210227152857j:plain

 

シルバニアファミリー 赤ちゃんなりきりシリーズ 購入リベンジ

近所の家電量販店にシルバニアのなりきりシリーズが売っていたので買ってきました。

とりあえず3個買ったのですが、お店の在庫がこれで最後ということで買い足し不可の三番勝負となりました。

 

 

f:id:Akiomi:20210214154846j:plain

 

ラインナップ

狙うはお化け衣装のペルシャネコの小さい赤ちゃんです。

 

f:id:Akiomi:20210214154908j:plain

 

前回でたチャコールネコとヤギの赤ちゃんも見守っています。

 

f:id:Akiomi:20210214154926j:plain

 

1個目

いきなりお化け衣装出ました!

でも猫じゃないですね。シークレットのウサギの小さい赤ちゃんみたいです。

 

f:id:Akiomi:20210214155002j:plain

 

説明書が付属しておりお化け衣装は蓄光素材で暗いところで光るみたいですね。

 

f:id:Akiomi:20210214155050j:plain

 

大きさも一般的な赤ちゃん(比較ヤギの赤ちゃん)よりも一回り小さいです。

可動部位は首のみです。

 

f:id:Akiomi:20210214155114j:plain

 

とりあえず何も着ていないのもかわいそうなので衣装を装着しました。

お化け衣装は2パーツ構成で前後から赤ちゃんを挟み込む感じでパチンとはめ込みます。

 

f:id:Akiomi:20210214155132j:plain

 

2個目

これもお化け衣装出ました!!

ペルシャネコの赤ちゃんですね。

 

f:id:Akiomi:20210214155148j:plain

 

全身ケバケバです。

 

f:id:Akiomi:20210214155205j:plain

 

衣装を着せました。

 

f:id:Akiomi:20210214155219j:plain

 

ウサギの衣装にはなかった尻尾の造形があります。

 

f:id:Akiomi:20210214155244j:plain

 

3個目

欲しいものはすべて出たので何が当たってもいいです。

鹿の赤ちゃんですね。

 

f:id:Akiomi:20210214155257j:plain

 

座り姿勢の赤ちゃんって服の縫い目がちょうどお尻のあたりに来てて、座りが悪いのでなんとかしてほしいと思います。

あと座り姿勢固定なので立っている子の方が個人的に好きですね。

座っている赤ちゃんは口が開いています。

 

f:id:Akiomi:20210214155312j:plain

 

魔法使いの帽子が付属してたので耳に引っ掛けます。

 

f:id:Akiomi:20210214155327j:plain

 

f:id:Akiomi:20210214160637j:plain

 

以上、シルバニアファミリー赤ちゃんなりきりシリーズでした。

欲しかったお化けが出て良かったです。シルバニアの赤ちゃんはどれも可愛いので何が出ても楽しめるので良いですね。

 

 

POPMART 10th ANNIVERSARY 開封

POPMARTの10周年のフィギュアがあったので買ってみました。

今回は3つ購入したので開けていきたいと思います。

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210213164206j:plain

f:id:Akiomi:20210213164223j:plain

 

ラインナップです。10周年ということで様々なキャラクターが大集合しています。

それとどれも豪華なデザインなので箱もなんだか重たい物ばかりでした。

 

f:id:Akiomi:20210213164301j:plain

f:id:Akiomi:20210213164335j:plain

f:id:Akiomi:20210213164408j:plain

 

まずは1つ目開封

付属のミニカードで中身が分かりますね。

 

f:id:Akiomi:20210213164434j:plain

f:id:Akiomi:20210213164515j:plain

 

スタンドと手持ちアイテムが別添えの小袋で付いてきました。

 

f:id:Akiomi:20210213164547j:plain

 

BUNNY

 

f:id:Akiomi:20210213164605j:plain

 

BUNNYということはこの子はウサギなのでしょうか。大きな赤いリボンが特徴的です。

 

f:id:Akiomi:20210213164638j:plain

 

白い服の模様がなんと10周年の10のマークになって全身に造形されています。

 

f:id:Akiomi:20210213164659j:plain

 

2個目開封

SWEET BEAN

 

f:id:Akiomi:20210213164721j:plain

 

ヘルメットのクリアパーツと銃のようなものは別の袋に入っていました。

 

f:id:Akiomi:20210213164746j:plain

 

各部パーツを取り付けて完成です。

 

f:id:Akiomi:20210213164811j:plain

 

背中にはPOPMART10thANNIVERSARYの文字がプリントされています。

BUNNYといい、このSWEET BEANといい、自分では買わないようなキャラクターが当たるのもブラインドパッケージの面白いところですね。

 

f:id:Akiomi:20210213164857j:plain

 

3個目開封

狙ってたINSTINCTOYが出ました!

 

f:id:Akiomi:20210213164917j:plain

 

黒と金色をしたドラゴンがマントと王冠を被っています。

 

f:id:Akiomi:20210213164939j:plain

f:id:Akiomi:20210213165000j:plain

f:id:Akiomi:20210213165016j:plain

f:id:Akiomi:20210213165031j:plain

 

 

以上、POPMART 10th ANNIVERSARY 開封してみたでした。一個約1300円と、いつものよりかは高めでしたが、価格に見合う豪華さでした。

色々なキャラクターが入り乱れているので、普段絶対買わないようなものが出ることがありますが、そこはトレーディングフィギュアということでご愛嬌ですね。

KENNETHとかKONATSUも欲しかったのでまた売ってたら買うかもしれません。

中国製メタルパズルを組み立てる②

以前、レビューしたメタルパズルが今度はAliExpressの業者から届いたので組み立てていきます。

 

akiomi.hateblo.jp

 

 

今回は大きいセットと欲しかった狼のパズルを購入しました。

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210207204012j:plain

f:id:Akiomi:20210207204031j:plain

f:id:Akiomi:20210207204053j:plain

f:id:Akiomi:20210207204116j:plain

 

まずは小さい狼から組み立てていきます。

パウチされているはずのパーツが外れてバラバラになっていますが、パーツが揃っているので良しとします。

 

f:id:Akiomi:20210207204137j:plain

 

説明書は両面印刷一枚、ネジとワッシャー類です。

 

f:id:Akiomi:20210207204154j:plain

f:id:Akiomi:20210207204210j:plain

 

工程数は多くないのですが、ネジのはめ込みと各部位の調整が難しいです。

 

f:id:Akiomi:20210207204226j:plain

 

完成

 

f:id:Akiomi:20210207204245j:plain

f:id:Akiomi:20210207204302j:plain

f:id:Akiomi:20210207204325j:plain

 

ネジは予備があるので一個くらいなら失くしても大丈夫です。

 

f:id:Akiomi:20210207204355j:plain

 

シート裏にはモチーフの説明が書いてあります。中国語なので読めませんが。

 

f:id:Akiomi:20210207204412j:plain

 

引き続き大きい方を組み立てていきます。

こちらはAmazonで買うと1万円超えていたのですがアリエクで65ドルくらいでした。

 

f:id:Akiomi:20210207204444j:plain

 

パーツはA~Dの4シート説明書は2枚、ネジのほかにもバネ等があります。

 

f:id:Akiomi:20210207204506j:plain

f:id:Akiomi:20210207204530j:plain

f:id:Akiomi:20210207204612j:plain

 

頭部を組み立て終えました。

首のところのプレートを曲げて立体感を出す工程があるのですが、ここが一番の難所でした。

 

f:id:Akiomi:20210207204644j:plain

f:id:Akiomi:20210207204703j:plain

 

先ほどの狼とサイズ比較

 

f:id:Akiomi:20210207204724j:plain

 

続いて胴体部分

あばら部分は肋骨のようにパーツを組み込んでいきます。

 

f:id:Akiomi:20210207204736j:plain

 

脚は前後2組作りました。

 

f:id:Akiomi:20210207204816j:plain

 

組み立て終えたパーツを全て組み合わせて完成です。

 

f:id:Akiomi:20210207204839j:plain

f:id:Akiomi:20210207204900j:plain

f:id:Akiomi:20210207204916j:plain

f:id:Akiomi:20210207204935j:plain

 

以前紹介した小さい鹿と一緒に

 

f:id:Akiomi:20210207204954j:plain

 

ネジも合わない組み合わせがあったり、ネジ切ってしまったりしたのですが、予備がいっぱいあったので問題なく組むことが出来ました。

 

f:id:Akiomi:20210207205010j:plain

 

 

 

LEGO Harry Potter 75945 Expecto Patronum 組み立て

買ってあったレゴがあったので組み立てていきたいと思います。

クリアブルーの鹿に惹かれて買ったセットです。

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210211161905j:plain

f:id:Akiomi:20210211161921j:plain

f:id:Akiomi:20210211161937j:plain

 

中身

組み立て説明書とパーツ小袋3つ、鹿とマントの小箱です。

 

f:id:Akiomi:20210211162034j:plain

 

マントはボロボロの加工がされています。

 

f:id:Akiomi:20210211162054j:plain

 

左からSirius Black, Harry Potter, Dementorです。

鹿の角は軟質パーツになっています。

 

f:id:Akiomi:20210211162110j:plain

 

シリウスの顔は表裏で2パターンありました。

 

f:id:Akiomi:20210211162125j:plain

 

小さめのキットなのでサクッと組み終わりました。

アズカバンの囚人の湖畔でのディメンターとの闘いが再現されています。

 

f:id:Akiomi:20210211162148j:plain

f:id:Akiomi:20210211162203j:plain

 

魔法の再現の発射ギミックがあります。

 

 

 

f:id:Akiomi:20210211162220j:plain

 

ディメンターはこんな感じです。映画の中でも怖かったです。

脚部分はクリアパーツとなっております。

 

f:id:Akiomi:20210211162236j:plain

 

 

TA×TOY NOTCH FAV-OB01 OBLIVION LAND BOUNTY HUNTER KRIVO SH-019 TYPE-BH レビュー

今回はBOUNTY HUNTER KRIVO SH-019 TYPE-BHを開封します。

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210205184605j:plain

f:id:Akiomi:20210205184623j:plain

f:id:Akiomi:20210205184641j:plain

f:id:Akiomi:20210205184659j:plain

f:id:Akiomi:20210205184717j:plain

 

箱前面は開くようになっており、装備品の解説と世界観の説明が載っていました。

 

f:id:Akiomi:20210205184738j:plain

 

自動翻訳だと世界観はこんな感じです。

-O.E(OBLIVION ERA)720- 

これは、人々が忘却の境界で夢と希望を探すことをまだ諦めなかった物語です。 世界は混沌、無秩序、自然災害、そしてエイリアンの獣の脅威に満ちています。 この失われた時代に、忘却のドライバーは文明を復活させるための両刃の剣になりました。

 

f:id:Akiomi:20210205184755j:plain

 

パッケージ窓から中身を確認できます。

 

f:id:Akiomi:20210205184813j:plain

 

取り出したところ、ブリスターに収まっている物のほかに、プラスチック製の木箱が入っていました。

 

f:id:Akiomi:20210205184943j:plain

 

パッケージ台紙にもイラストが描かれていました。

商品が入った状態だとほとんど見えなかったのですが、カッコいいです。

 

f:id:Akiomi:20210205185641j:plain

 

木箱は蓋が開いて中に小物を収納することが出来ます。

 

f:id:Akiomi:20210205185001j:plain

f:id:Akiomi:20210205185026j:plain

 

本体を取り出しました。

まだ何も装備品を取り付けていないので素体状態です。可動範囲はめちゃくちゃ広いです。

パッケージからの紹介文です。

自己規律のあるヒューマノイドKRIVAは、自然都市からの賞金稼ぎです。 鎧のカウボーイハットとエネルギーパイプは彼の決定的な服装です。 彼は生計を立てるためのあらゆる手数料を受け入れることで知られています 余分な収入のために、彼は売るために野菜を育てます、主に大根、それは彼が庭師ハンターとも呼ばれる理由です。

 

f:id:Akiomi:20210205185110j:plain

 

左目は眼帯のようになっています。

 

f:id:Akiomi:20210205185204j:plain

 

背中

 

f:id:Akiomi:20210205185234j:plain

 

指は一本ずつ可動します。指の曲げ伸ばしだけでなく、指を開くことも出来ます

 

f:id:Akiomi:20210205185258j:plain

f:id:Akiomi:20210205185326j:plain

f:id:Akiomi:20210205185351j:plain

 

肩可動は引き出し式になっています。

 

f:id:Akiomi:20210205185428j:plain

f:id:Akiomi:20210205185518j:plain

 

腕組みっぽく

 

f:id:Akiomi:20210205185537j:plain

 

可動ジョイントには若干のクセがありますが、よく動きます。

腕は水平方向まで余裕で上がります。

脚は基部に傾斜が付いているので水平とまではいきませんが、かなり上の方まで上がります。

 

f:id:Akiomi:20210205185611j:plain

f:id:Akiomi:20210205185703j:plain

 

腹部の反り

元々の形状が上半身がかなり大きい逆三角形体型なのでわかりにくいですが大きく反ることが出来ます。

画像下は逆に前方向に曲げた状態。

 

f:id:Akiomi:20210205185738j:plain

f:id:Akiomi:20210205185758j:plain

 

ここからは付属している装備パーツを取り付けていきたいと思います。

 

f:id:Akiomi:20210205185827j:plain

 

まずはハンドキャノン。

両手の手の甲に取り付け穴が開いているのでここに付けます。

 

f:id:Akiomi:20210205185843j:plain

f:id:Akiomi:20210205185909j:plain

 

ベルト

ベルトはバックルの所をスライドすると開けることが出来るので腰に取り付けます。

 

f:id:Akiomi:20210205185928j:plain

 

ベルトにコンバットナイフを吊るしました。

ジョイントは何か所かあるのでお好みの位置に取り付けることが出来そうです。

 

f:id:Akiomi:20210205190039j:plain

 

バックパック(DIMENSIONAL PROPULSION BACKPACK

背中にバックパック取り付け用ジョイントがあるので取り付けていきます

 

f:id:Akiomi:20210205190128j:plain

f:id:Akiomi:20210205190208j:plain

 

そのままではどう頑張っても取り付けることが出来ないので、背中のパーツをスライドして外すか取り付け可能な位置までずらす必要があります。

ここのパーツをずらすところが左側がかなり硬かったので取り付けの際は破損に十分気を付ける必要があります。

 

f:id:Akiomi:20210205190242j:plain

 

外したところ。

 

f:id:Akiomi:20210205190309j:plain

 

帽子を被せました。

帽子と頭は短い接続ピンで嵌るのですが、あまりにも短いのであまりしっかり固定は出来ないようです。

 

f:id:Akiomi:20210205190329j:plain

 

バックパック背面

パーツを展開することでフライトモードに変形します。

 

f:id:Akiomi:20210205190425j:plain

f:id:Akiomi:20210205190454j:plain

 

エナジーパイプ

 

f:id:Akiomi:20210205190537j:plain

 

口はかなり大きく開きます。口の中は赤いクリアパーツでした。

 

f:id:Akiomi:20210205190610j:plain

 

パイプは口の中に引っ掛けることでポロリしにくくなっています。

 

f:id:Akiomi:20210205190624j:plain

 

コンバットナイフは鞘から抜くことができ、手に持たせることが出来ます。

 

f:id:Akiomi:20210205190644j:plain

 

手のひらに接続ピンがあるのでそこにはめることで固定できます。そこに加えて指で挟みこむので固定は良好です。

 

f:id:Akiomi:20210205190703j:plain

f:id:Akiomi:20210205190719j:plain

f:id:Akiomi:20210205190736j:plain

 

サイズは1/18スケールだそうです。

以前紹介したMEGABOXのLANDBREAKERと比較すると若干大きいくらいです。

 

f:id:Akiomi:20210205190752j:plain

 

 

52TOYS MEGABOX MB-12 LANDBREAKER

今回は52TOYSから動物ではなく機械のMEGABOXを紹介します。

 

BEASTBOXシリーズはキューブ一つで完結していましたが、こちらの商品は2つのキューブが合体してロボに変形します。

 

パッケージ

 

f:id:Akiomi:20210131114108j:plain

f:id:Akiomi:20210131114126j:plain

f:id:Akiomi:20210131114159j:plain

f:id:Akiomi:20210131114217j:plain

f:id:Akiomi:20210131114241j:plain

 

パッケージ外側からは見えませんでしたが、背景紙が付属していました。

 

f:id:Akiomi:20210131114306j:plain

f:id:Akiomi:20210131114429j:plain

f:id:Akiomi:20210131114451j:plain

 

キューブとボックスは二個ずつ付属していますが、このプラ板は一枚しか入っていませんでした。使わないのでどうでもいいですが。

 

f:id:Akiomi:20210131114512j:plain

 

カタログはいつものです。

 

f:id:Akiomi:20210131114529j:plain

f:id:Akiomi:20210131114555j:plain

 

取り出しました。

 

f:id:Akiomi:20210131114612j:plain

 

可動

関節はやや緩めな印象。

 

f:id:Akiomi:20210131114631j:plain

 

この、なんていうのか思い出せないのですが、棒状のパーツは収納可能です。

 

f:id:Akiomi:20210131114652j:plain

f:id:Akiomi:20210131114710j:plain

f:id:Akiomi:20210131114729j:plain

f:id:Akiomi:20210131114752j:plain

 

上半身と下半身で分割されます。

 

f:id:Akiomi:20210131114810j:plain

 

それぞれビークルモードにすることが出来ます。

 

f:id:Akiomi:20210131114835j:plain

 

下半身メカ

 

 

f:id:Akiomi:20210131114852j:plain

f:id:Akiomi:20210131114909j:plain

f:id:Akiomi:20210131114929j:plain

 

上半身メカ

タイヤは回転するのでコロ走行が可能です。

 

f:id:Akiomi:20210131114946j:plain

 

コックピットは開閉します。

 

f:id:Akiomi:20210131115007j:plain

f:id:Akiomi:20210131115033j:plain

 

BOXモード

パーツがフレキシブルに可動するのでボックスにするのに一苦労でした。

 

f:id:Akiomi:20210131115051j:plain

f:id:Akiomi:20210131115109j:plain

f:id:Akiomi:20210131115125j:plain

f:id:Akiomi:20210131115141j:plain

f:id:Akiomi:20210131115158j:plain

 

説明書はカラーです。

 

f:id:Akiomi:20210131115212j:plain

 

人型以外の組み替え例が説明書に載っていたので組み替えてみました。

ビークルモードみたいな感じでしょうか、カッコいいです。

 

f:id:Akiomi:20210131115229j:plain

f:id:Akiomi:20210131115255j:plain

f:id:Akiomi:20210131115313j:plain

 

以上、MEGABOX LANDBREAKERのレビューでした。

組み替え自由度が高い分、ボックスモードへの変形に戸惑いました。

いつものように慣れてしまえば造作もない難易度ですが、初見だと説明書見てもなかなか難しかったです。

 

f:id:Akiomi:20210131115334j:plain